為替のブログ

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
10月28日(土)シネマライズほか全国一斉ロードショー
(C)2006 映画「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」製作委員会
いよいよやつらが、帰ってくる!笑いと涙の完結篇!!

ぶっさんの死後3年。キャッツたちはぶっさんに、そして大人になりきれない自分自身に、最初で最後の"ばいばい"を言えるのか!?

■ 監督:金子文紀 ■ 脚本:宮藤官九郎
■ 出演: 岡田准一、櫻井翔、酒井若菜、
岡田義徳、佐藤隆太、塚本高史、
阿部サダヲ、山口智充、ユンソナ、
古田新太、森下愛子、小日向文世、
薬師丸ひろ子、栗山千明、MCU
公式サイト

為替初心者が為替の勉強に奮闘する日記
by kawasenoblog
カテゴリ
全体
為替・投資
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
金融情報
from 金融投資情報館
加古川市ホテル
from 加古川市ホテル案内
ZARD坂井泉水 お宝動..
from ZARD坂井泉水 お宝動画公開中
外為12時・円、反落し1..
from 杉本栄治に学ぶ超速FX!はじ..
oohiqijv id
from fo ta
ik yeurob
from emuva uehuy
ruase ke
from eukeyic loo
yuezofip ujuec
from ekeuw eezecoc
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

12/5のポンド/円にたいして・・・

 12/5は午後過ぎ位まで、あんまり値動きの無かった為替市場ですが、突如として円が反発し、主要通貨に対して円が上昇する動きが見られた。なかでもポンド円は2円近くも下落するという荒々しい値動きとなりました。。日本時間18:30に(英)11月非製造業PMIが発表され、予想を上回る58.8という結果を受けても、ポンドに影響は無いに等しい様子だった。理由としては12/4に超えようとしていた229円3銭、ここが余りにも大きいレジスタンスとなり、ここを超えるには、ユーロに吊られての上昇・プラスさらにポンドを後押しする要因が必要だったと思う。現在は昨日と一変し小幅な値動きとなっているが、18:30に(英)鉱工業生産・製造業生産高も控えているので、その結果を受け今後の道筋が決まってくるのでは・・・と思いますけど皆さんはどうですか?
[PR]
by kawasenoblog | 2006-12-06 13:03 | 為替・投資

今後のドル/円の展望?

 前回ドル/円について書いたのですがちょっと専門家のような感じがし、気持ちが良かったので今回も調子にのって今後、もしくはこれからについて書いてみたいと思います。

先々週ドルが下落し他の通貨ユーロ・ポンドなどが大幅に上昇しました。その流れは今週に入っても止まらず、ユーロ/ドルは1.33ドル付近での攻防、ポンド/円に至っても228円53銭付近での取引となっております。さてこのままドルは下落の道をたどるのか?はたまた今週発表される11月雇用統計/失業率などの重要な指標によってドル高となっていくのか?今週もドルからは目が離せなくなる様子です。(どの通貨もそうなんですが・・・)
さて本日ドル/円は一時115円83銭まで上昇するものの、115円84銭付近に存在するレジスタンスに上値を抑えられじりじりと下落し、4日23:00現在115円61銭付近での取引となっています。11月雇用統計/失業率などの指標によって次のターゲットである115円84銭これを超えることが出来るか?そこに注目してみたいと思います。
[PR]
by kawasenoblog | 2006-12-04 22:58 | 為替・投資

本日は自分なりの予想を書いてみようと思う。

さてこれまで為替に関する初歩的なことを勉強してきましたが、皆さんどうですか?分かりづらい部分などはありませんか?自分もまだまだ初心者ですので分からない事等ありましたら、どしどしお返事下さい。今日はドル円について今後?の展開を書いてみたいと思います。題は・・・今後のドル円ってとこ
先週ドルが下落した。他の通貨はドルが下落する一方で、上昇を続ける事態が起こった。そして、その勢いは今週に入っても止まらず、ポンドは98年10月以来の高値を更新し、ユーロに関しては史上最高値を付けた。円もそれに乗るような形で2円ほど上昇したが、先週の水曜日からは徐々に下落してきている。現在ドル円は115.95-115.99台で取引が行われているが、ユーロ円が高値を維持し円の買い戻しが本格化していないだけでECB関係者などからユーロ円に対する発言などがあればユーロ円が先導となり、ドル円が115円台を割る事も十分に考えられる。
来週には、本邦第3四半期GDP・2次速報や、米国11月雇用統計など為替市場を賑わす指標も用意されているので注目せぜるおえないだろう。ただ現在の米国指標は悪い結果にのみ反応するような流れになっている感があるので今現在のドル買いには今まで以上に慎重に、冷静に取引を行う事が必要不可欠となってくるであろう。
[PR]
by kawasenoblog | 2006-12-01 20:36 | 為替・投資