為替のブログ

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
10月28日(土)シネマライズほか全国一斉ロードショー
(C)2006 映画「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」製作委員会
いよいよやつらが、帰ってくる!笑いと涙の完結篇!!

ぶっさんの死後3年。キャッツたちはぶっさんに、そして大人になりきれない自分自身に、最初で最後の"ばいばい"を言えるのか!?

■ 監督:金子文紀 ■ 脚本:宮藤官九郎
■ 出演: 岡田准一、櫻井翔、酒井若菜、
岡田義徳、佐藤隆太、塚本高史、
阿部サダヲ、山口智充、ユンソナ、
古田新太、森下愛子、小日向文世、
薬師丸ひろ子、栗山千明、MCU
公式サイト

為替初心者が為替の勉強に奮闘する日記
by kawasenoblog
カテゴリ
全体
為替・投資
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
金融情報
from 金融投資情報館
加古川市ホテル
from 加古川市ホテル案内
ZARD坂井泉水 お宝動..
from ZARD坂井泉水 お宝動画公開中
外為12時・円、反落し1..
from 杉本栄治に学ぶ超速FX!はじ..
oohiqijv id
from fo ta
ik yeurob
from emuva uehuy
ruase ke
from eukeyic loo
yuezofip ujuec
from ekeuw eezecoc
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

クロス円の調整の幕開け

 為替市場では昨日、買われ過ぎ過熱感に覆われていたクロス円を中心に調整が行われ、本日もその流れを引き継ぎユーロ/円は一時160円割れ、豪ドル/円は一時98円割れ、NZドル/円も一時は88円割れとなった。これまで口を酸っぱくしてお伝えしてきたクロス円の調整、その幕開けと言えるだろう。

 為替市場では3月の円キャリー解消売り以降、クロス円の異常なまでの上昇が目に付いた。ユーロ/円は史上最高値を再三に渡り更新し続け、ついには1998年10月高値162円42銭(ドイツマルク時代)まで上昇し、豪ドル/円も1997年5月以来となる100円に乗せた。NZドル/円に至っても2005年12月高値87円07銭をはるかに上回る89円02銭まで上昇し、21世紀始まって以来の高値を付けた。

 3月6日安値~今週高値までユーロ/円・豪ドル/円・NZドル/円は共に1150ポイント以上の上昇幅を生み出し、また豪ドル・NZドルは対ドルでも約17年来の高水準(豪ドル約17年 NZドル約25年)まで上昇している。これらを見ただけでも異常なまでのハイペースな上昇と受け取る事ができ、今回の上昇の裏側では確実に買われ過ぎ過熱感が膨らんでいた事が分かる。昨日の為替市場では日銀の5月利上げ観測が噂され、それによって今回の円買いが進んだと一部では言われているが、やはり今回のクロス円急落は買われ過ぎ過熱感以外の何ものでもない。

 今後のクロス円の展開としては、急に5円や10円といった大幅な調整は行われないだろう。確かに軟調気味な展開は予想出来るが、現在為替市場での円安に変わりは無い為、よほど日本円にとっての好材料が無い限り、下げ幅は限定的と考えている。しかし、昨日の為替市場で日銀5月利上げの話題が飛び出した為、来週予定されている(日)3月全国消費者物価指数の結果によっては、クロス円の一段安=大幅調整も考えられる。
[PR]
by kawasenoblog | 2007-04-20 16:34

<< NZドル/円 6対4でレンジの... NZドル/円 G-7を控えての... >>