為替のブログ

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
10月28日(土)シネマライズほか全国一斉ロードショー
(C)2006 映画「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」製作委員会
いよいよやつらが、帰ってくる!笑いと涙の完結篇!!

ぶっさんの死後3年。キャッツたちはぶっさんに、そして大人になりきれない自分自身に、最初で最後の"ばいばい"を言えるのか!?

■ 監督:金子文紀 ■ 脚本:宮藤官九郎
■ 出演: 岡田准一、櫻井翔、酒井若菜、
岡田義徳、佐藤隆太、塚本高史、
阿部サダヲ、山口智充、ユンソナ、
古田新太、森下愛子、小日向文世、
薬師丸ひろ子、栗山千明、MCU
公式サイト

為替初心者が為替の勉強に奮闘する日記
by kawasenoblog
カテゴリ
全体
為替・投資
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
金融情報
from 金融投資情報館
加古川市ホテル
from 加古川市ホテル案内
ZARD坂井泉水 お宝動..
from ZARD坂井泉水 お宝動画公開中
外為12時・円、反落し1..
from 杉本栄治に学ぶ超速FX!はじ..
oohiqijv id
from fo ta
ik yeurob
from emuva uehuy
ruase ke
from eukeyic loo
yuezofip ujuec
from ekeuw eezecoc
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ポンド/円 買い要因、売り要因共に均衡

ポンド/円は6日、米雇用統計の好結果によって上昇したドル/円の煽りを受けて、233円台から234円59銭まで値を押し上げたが、その好材料もすぐに消化され、上昇幅は限定的となった。本日に至っては日・米為替市場以外がほぼ休場という事で、動意の薄い展開が続いているが、東京為替市場から軟調気味な推移となっており、一時は234円14銭まで値を下げた。

ポンド/円は4日以降非常にボラティリティーに欠けた展開が続いており、ここ4営業日での変動幅は下値233円51銭~上値234円78銭と約120ポイントしかない。この変動幅の狭さはポンド/円にしては珍しく、ある意味不気味とも言える。先日の「ポンド/円 来週の見通し」でもお伝えした様に現在のポンド/円は買い要因、売り要因共に均衡している為、方向感が掴みづらい。また6日、本日共に欧州為替市場は、ほぼ休場という影響もあるだろう。したがって明日からの動向が非常に重要となってくる。

ポンド/円の今後としては、上昇地合がやや優勢と思われるものの、他クロス円が買われすぎ過熱感に覆われている為、その影響を受け上値が重い展開は継続するのでは、と現段階では考えている。したがって上値を伸ばしても2月6・13日のダブルボトム235円35銭付近、更なる上昇は一旦の調整を終えてからという可能性が高いと思われ、調整に入った場合は231円前半付近を目指す展開が予想される。
[PR]
by kawasenoblog | 2007-04-09 20:00

<< NZドル/円 G-7を控えての... ポンド/ドル 1.9750ドル... >>