為替のブログ

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
10月28日(土)シネマライズほか全国一斉ロードショー
(C)2006 映画「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」製作委員会
いよいよやつらが、帰ってくる!笑いと涙の完結篇!!

ぶっさんの死後3年。キャッツたちはぶっさんに、そして大人になりきれない自分自身に、最初で最後の"ばいばい"を言えるのか!?

■ 監督:金子文紀 ■ 脚本:宮藤官九郎
■ 出演: 岡田准一、櫻井翔、酒井若菜、
岡田義徳、佐藤隆太、塚本高史、
阿部サダヲ、山口智充、ユンソナ、
古田新太、森下愛子、小日向文世、
薬師丸ひろ子、栗山千明、MCU
公式サイト

為替初心者が為替の勉強に奮闘する日記
by kawasenoblog
カテゴリ
全体
為替・投資
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
金融情報
from 金融投資情報館
加古川市ホテル
from 加古川市ホテル案内
ZARD坂井泉水 お宝動..
from ZARD坂井泉水 お宝動画公開中
外為12時・円、反落し1..
from 杉本栄治に学ぶ超速FX!はじ..
oohiqijv id
from fo ta
ik yeurob
from emuva uehuy
ruase ke
from eukeyic loo
yuezofip ujuec
from ekeuw eezecoc
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

NZドル/円、日銀政策金利発表を控えて


19日の為替市場は、米国・中国為替市場が休場と希少な取引となり、また21日に日銀政策金利発表を控えている為、ドル/円・クロス円共に動きづらく手控えムードとなった。NZドル/円も19日高値83円96銭、安値83円38銭と60ポイント程度の変動幅となった。

NZドル/円日足チャートでは、これまで超接近していたMACDが0.02という低い位置でクロスを示し、パラボリックでも放物線とローソクがぶつかり買いサインを示している。また、5日移動平均線も20日平均線を下から突き上げゴールデンクロスを形成しており、更には一目均衡表でも、サポートラインとして機能してきた転換線が水準を上げており、今後は83円前半付近をしっかりと支える事が考えられる。これらを踏まえると上昇に向かう可能性が非常に高く、昨日の「NZドル/円強気なサイン点滅中」は点灯に変わったとも言えるだろう。

しかし明日、日銀政策金利発表を控えている為、一筋縄に上昇とは言い切れないのが現状である。明日利上げが行われると短期的でも、為替市場では円高となり、NZドル/円も下落を強いられる。逆に利上げを見送った場合は、日銀に対する失望感から円が売られ、為替市場では円安街道を一直線に突き進む事が考えられる。よって本日は様子見とし、明日の日銀政策金利発表の結果を受けて見極める事が有効と考えます。
[PR]
by kawasenoblog | 2007-02-20 20:09

<< NZドル/円最高値更新も買われ... NZドル/円昨日の下落地点を底... >>