為替のブログ

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
10月28日(土)シネマライズほか全国一斉ロードショー
(C)2006 映画「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」製作委員会
いよいよやつらが、帰ってくる!笑いと涙の完結篇!!

ぶっさんの死後3年。キャッツたちはぶっさんに、そして大人になりきれない自分自身に、最初で最後の"ばいばい"を言えるのか!?

■ 監督:金子文紀 ■ 脚本:宮藤官九郎
■ 出演: 岡田准一、櫻井翔、酒井若菜、
岡田義徳、佐藤隆太、塚本高史、
阿部サダヲ、山口智充、ユンソナ、
古田新太、森下愛子、小日向文世、
薬師丸ひろ子、栗山千明、MCU
公式サイト

為替初心者が為替の勉強に奮闘する日記
by kawasenoblog
カテゴリ
全体
為替・投資
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
金融情報
from 金融投資情報館
加古川市ホテル
from 加古川市ホテル案内
ZARD坂井泉水 お宝動..
from ZARD坂井泉水 お宝動画公開中
外為12時・円、反落し1..
from 杉本栄治に学ぶ超速FX!はじ..
oohiqijv id
from fo ta
ik yeurob
from emuva uehuy
ruase ke
from eukeyic loo
yuezofip ujuec
from ekeuw eezecoc
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ユーロ/ドル一進一退の後は?

ユーロ/ドルは26日に発表された(米)12月耐久財受注・除く輸送機器(予想+0.5% 結果+2.3%)、12月新築住宅販売件数(予想105万件 結果112万件)等が市場予想を上回った事でドルが好感を受け、ユーロ/ドルは下落し、以前の「ユーロ/ドル1.2960ドルの分岐点」でもお伝えした様にユーロ/ドルは1.29ドルを割り込み、1.2866ドルを試す展開となった。

しかし2007年安値となる1.2866ドル付近ではユーロの底堅さが見られ、徐々にではあるが上昇に転じ、29日には1.2966ドルまで値を戻した。だが1.3045ドル~1.2866ドルでのレンジ内相場の中で上昇、下落の分岐点となっている1.2960ドル、ここを本格的に突破しない限りユーロ/ドルは、1.29ドルや1.2866ドルを試す展開が続くと考えられる。本日は東京為替市場から1.2960ドル付近で一進一退の攻防が続いており、現在も1.2961ドル付近を推移している。

31日は米国重要経済指標が22:15から連なっており、第4半期GDPや12月建設支出等、更にはFOMC政策金利発表とイベントが目白押しとなっている。現在は1.2960ドル付近で上げ渋った展開が続くユーロ/ドルだが、本日の発表によっては、レンジ内相場の上値1.3045ドル、下値1.2866ドルどちらかをブレイクする可能性を十分に秘めており、本日の米指標結果によって今後の方向性が見えてくると思われる。
[PR]
by kawasenoblog | 2007-01-31 11:39 | 為替・投資

<< 「G-7での円安牽制」による円... ユーロ/円24日の急落地点は底... >>