為替のブログ

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
10月28日(土)シネマライズほか全国一斉ロードショー
(C)2006 映画「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」製作委員会
いよいよやつらが、帰ってくる!笑いと涙の完結篇!!

ぶっさんの死後3年。キャッツたちはぶっさんに、そして大人になりきれない自分自身に、最初で最後の"ばいばい"を言えるのか!?

■ 監督:金子文紀 ■ 脚本:宮藤官九郎
■ 出演: 岡田准一、櫻井翔、酒井若菜、
岡田義徳、佐藤隆太、塚本高史、
阿部サダヲ、山口智充、ユンソナ、
古田新太、森下愛子、小日向文世、
薬師丸ひろ子、栗山千明、MCU
公式サイト

為替初心者が為替の勉強に奮闘する日記
by kawasenoblog
カテゴリ
全体
為替・投資
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
金融情報
from 金融投資情報館
加古川市ホテル
from 加古川市ホテル案内
ZARD坂井泉水 お宝動..
from ZARD坂井泉水 お宝動画公開中
外為12時・円、反落し1..
from 杉本栄治に学ぶ超速FX!はじ..
oohiqijv id
from fo ta
ik yeurob
from emuva uehuy
ruase ke
from eukeyic loo
yuezofip ujuec
from ekeuw eezecoc
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

1.29ドル台乗せがキーポイント

11日ECB金融政策決定会合が行われ、政策金利は現状の3.50%に据え置く事が決定された。今回の据え置きは為替市場では、織込み済みだった事から特に影響は無かったが、その後のトリシェECB総裁会見で「金融政策は引き続き緩和基調」「適切な時期に断固とした適切な行動を取る」等ハト派的な会見内容となった。ECBは昨年8月から2ヶ月ペースで利上げを行っており、今回の発言は結果的に来月の利上げを見送る可能性が高いと市場は受け取り、ユーロは主要通貨に対して売られる展開となった。

ユーロ/ドルはトリシェ総裁発言を受け、11日高値1.3015ドルから一気に下落し、現在1.29ドルを割り1.2890ドル付近まで下値を広げている。これまで1.29ドル付近は、サポートラインとしての機能を果たしていた為、1.29ドル付近は強いレジスタンスになると予想されるが、まだ本格的に割り込んではいないので、本日1.29ドル台に乗せ、その水準を保つ事ができれば、ユーロ/ドルは上昇傾向に向かう可能性が高い。
[PR]
by kawasenoblog | 2007-01-12 19:56

<< ユーロ/ドル上値が重い展開 155円60銭付近が分岐点? >>